中古ドメインとは?サイト作成するなら中古ドメインを取得しよう!

- 中古ドメインとは?基本的なことを知りましょう

新着情報

▶2016/04/27
中古ドメインとは?基本的なことを知りましょうの情報を更新しました。
▶2016/04/22
メリットについて知っておこうの情報を更新しました。
▶2016/04/22
そもそもドメインって何だろうの情報を更新しました。
▶2016/04/22
使用する際の注意点とはを新規投稿しました。
▶2016/04/22
取得するにはどうするかを新規投稿しました。

中古ドメインとは?基本的なことを知りましょう

ウェブサイトを立ち上げる際、不可欠なのはドメインです。
ネット上の住所とも形容されますが、あまり意識しませんね。
とはいえドメイン名次第で、商売が有利に運ぶことも、逆に損失を蒙ることも稀ではありません。
昨今は中古ドメインが密かな注目を浴びています。
そもそもどんなものなのでしょうか。
基本を知っておきましょう。

そもそもドメインとは

そもそもドメインとは何でしょうか。
ブラウザの上方などに表示されているhttp://www.・・・というものです。
www.以下が実質的なドメイン、企業やサイトを特定する部分です。

基本的にどこかのプロバイダと契約し、ウェブページを開設する際、希望するドメイン名を選べます。
ほとんどは企業名やサイトの内容を端的に表したものでしょう。
例えば首相官邸のドメインはhttp://www.kantei.go.jp/です。
カンテイ、わかりやすいですね。

ただし同じドメイン名は使えません。
誰かが先に登録していれば、アウトです。
政府が新たに「鑑定」のサイトを作ろうとしても、kantei.go.jpは利用できない。
そういうことです。

中古のドメインとは

同じドメイン名は使えない。
ちょっとショックですね。
世の中には多くの同姓同名さんがいます。
戸籍や住民票では、同一住所地に違う人が登録しても問題ありません。
しかし自由であるはずのネットではできない。
何か矛盾を感じます。

とはいえ捨てる神あれば、拾う神ありです。
誰かが不用になったドメインがあります。
サイトを閉じたり、昨今ならばキャンペーンのためだけに一時的にドメインを取得するパターンがあるからです。
そこで捨てられたドメインを再利用しましょう。
それがオールドドメイン、すなわち中古ドメインです。

今なら中古のドメインを集めて販売している業者がいます。
有料ではありますが、希望するドメインを入手したい人にとっては非常に便利な存在です。

メリットは何か

そもそも中古品を使うメリットは何でしょうか。

第一にバックリンクが生かせることです。
つまりバックリンクが多いと、Googleなどで検索した際、ページランクが上位になることが知られています。
またドメインオーソリティも残っています。
SEOの対策としては十分すぎるほどの特典があります。

第二のメリットはエイジングフィルターを回避できることです。

例えば新しいサイトが開設されても、直ぐに検索エンジンでヒットするわけではありません。
通常は3~6カ月程度様子見されます。
これはリンクの不自然さ、健全さを評価するためと考えられれています。
これがエイジングフィルターです。

オールドドメインなら、既に相当の年数が経過しているため、このような不条理を回避できます。
せっかくサイトを立ち上げても検索されないなら、もったいないですからね。


使用する際に注意点は

一方で中古のドメインにはデメリットもあります。

第一の注意点は、当該ドメインの過去にペナルティが課せられていた場合です。
具体的には違法サイトであったり、トラブルを起こしたパターンが考えられます。
以前のサイトに恨みを持っていた人が、攻撃してくるかもしれません。

第二の注意点は、著しく内容が変わってしまうと、ユーザーが困ってしまうことです。
せっかく訪問してくれたお客さんが、なんだこれ!変な噂になるケースも稀ではありません。
こちらに落ち度がなくても、一方的に訴えられたり炎上することもあります。

オールドドメインの購入に際しては、自分で運用歴を必ず確認しましょう。
他人任せは事故の源です。

取得方法は

中古のドメインを取得するにはどうしたらよいのでしょうか。

基本は、というかほとんどは、専門業者から購入することです。
信頼できる業者であれば、トラブルに見舞われることもないでしょう。
ひとつ当たり数万円程度することもありますが、希望するドメインを調べてくれることもあります。

幸運にも、使われていないドメインを自分で見つけることもあります。
とはいえ探すのはけっこう大変ですよ。
その労力を本業に費やした方が賢明ですね。

ドメイン名の上手な選び方は

バックリンクはすべてがメリットではありません。
変なリンクが残っていると、トラブルが起きやすいのも事実です。
そのためドメイン名の選び方も重要になります。

例えば公的機関や自治体系、短期的なキャンペーンで利用されていたもの、さらに個人サイトでも真面目な内容であれば、怪しいバックリンクがあるリスクは少ないでしょう。

逆にアダルト系や犯罪紛い、危険物を扱うようなサイトであれば、どんなつながりを持っているかわかりません。
安易に名前だけで飛びつかないようにしましょう。

探してみましょう

オールドドメインを扱う専門業者は多数あります。
中から信用できるサイトを探して、希望するドメイン名を取得しましょう。
もちろんゲットするだけではなく、メリットを有効に活用しましょう。